HP開設の御挨拶

自己紹介

主題名別の目次 (年月日順)

花木名別の目次

トップページ


可哀想な名前のニンニクカズラ  



HP編集略号:barasome1.htm

和名:バラ

英語名:Rose タイ名:グラープ
改編:2007年2月27日 初稿:2007年2月27日 撮影:バンコク


 先日のバレンタイ・デーのブログで、“ タイでは男性が女性に真紅の薔薇を贈るのが定番 ”、しかし、

チェンマイの若い女性の間では、“ 白い薔薇に食品用染料を吸わせた薄青色の薔薇に人気

集中 ” との記事を紹介させて頂きました。


上記の話は、知り合いのタイ女性から聞いた話だったのですが、その女性から三本の白い薔薇と

小さな菊の花、そして紅い食品用染料の入った小さなボトルを頂戴しました。 このセットで薔薇の

花弁の色染めを実験しなさいという訳です。


彼女の話によると、白菊は、茎の維管束の密度がとても高く、色水の吸水が難しいので色変化は

無いが、薔薇は、一時間程度で紅く染まり始めるだろうとのことでした。そういえば、小学生の頃に

理科の実験でやったような憶えもあるのですが、一時間程度で色の変化が始まるというのは初耳

なので、早速、実験して見ることにしました。




@ ↑左 水道水をいれたグラスに、紅い染料をスポイドで三滴注ぎます。

A ↑右 グラスの中に白菊の花と白薔薇花を浮かべます。




B↑左 30分後、花弁に分布する細い筋がピンク色に染まり始めます。

C↑右  ピンク色の葉脈が次第に増え始め、花弁全体に浮かびあがります。






D↑左  暫時、花弁の先端から徐々に斑模様のピンク色に染まり始めます。

E↑右  1時間後には、花弁全体がピンク色に染まってしまいました。





F↑左 4日後、赤みが増して真紅に変化しました。

G↑右 5日後、花弁が萎み始めました。



 小学生の時の理科実験は、遊び時間の延長のような感覚で、真面目に観察したような記憶があり

ません。恥ずかしながら、この年になって、白薔薇が紅薔薇へと変化する過程を真剣に観察してし

まいました。


 実験に当たって、タイ女性は、花の命は儚いからと言って、僕に対して2つの注意事項を残しました。

   @  茎の根元は斜めにカットすること。

   A  その場所を火で炙ること。


 @の事項は指示に従ったのですが、Aの事項は、我が家の台所は電気プレート式、その上、煙草

も吸わないのでライターも マッチも無いので実施できませんでした。 火で炙らなかった所為か、

6日目にして花弁が一つ、二つと落ち始めました。明らかに、薔薇の命を縮めてしまったようです。


 しかし、考えてみれば、他の色に強引に色変化させてしまうなんて、なんとも酷な行為をしたもので

す。やはり自然のものは、自然のままで観賞すべきですネ。




inserted by FC2 system