HP開設の御挨拶

自己紹介

主題名別の目次 (年月日順)

花木名別の目次

トップページ

朝方に香るデスモスの花  

FRIED EGG PLANT


HP編集略号:friedegg1.htm

和名: −

英語名:Fried egg plant タイ名:カイ ダー
改編:2017年5月19日 初稿:2012年4月5日 撮影:バンコク


  パソコン内に溜まっている未使用の花写真を処理しようと思って整理していると、

昨年の4月2日にバンコク郊外で撮影した
オンコバ・スピノサの花写真が未整理の


まま放置されているのに気付きました。


花が咲く前の ONCOBA SPINOSA FORSK の葉っぱ 


  撮影当時の僕の撮影メモ(下記参照)を見ると、『 和名不明 』 と書いてあり、

『 この花の和名は、今まで一度も定められていない』 の但し書きが残っています。

和名が無い上に、見てくれも平凡な花であったことから、そのまま、PCフォルダーに放り込

み、箪笥の肥やしになっていたと思われます。 


丸い蕾(左)が割れると、白色の花弁(右)が顔を出します。


  此の花の種名、科名、属名は、日本人に馴染みの薄い言葉ですが、英語の俗称の

FRIED EGG PLANT (卵焼きの木)は、とても覚えやすい名前だと思いませんか? 

  開花した花弁の中央部の黄色の雄蕊は、卵焼きをした時の卵黄、それを包み込む

白色花弁は卵白に似ています。 

  実は、タイの老若男女は、此の花のことを『 カイ・ダーオ』 と呼びます。 

『 カイ=卵 』、『 ダーオ= 星 』 ですから、意味合いとしては、『 星の形をした卵焼き 』

となります。


花弁の直径は 6cm〜10cm。 仄かな香りが漂います。


  英語名の意味合いとタイ語名の意味合いから、もっとも和名に相応しいを名前となれば

、日本人ならば誰だって、卵の『 目玉焼き 』 を想定するのではないでしょうか!

卵白のタイ語はカイ・カーオですが、タイ語の化学語では、蛋白質を意味します。

卵黄のタイ語は卵赤を意味するカイ・デーンとなりますが、栄養満天であることから転じて

、『 価値のある部分 』 とか 『
良い部分 』 の意味としても使われ、古い表現なのでしょうが

、次のように使われることもあるようです。



      若い女性は用心してね! 

      若者に騙されて
良い所(カイ・デーン)だけ食べられて、

      ポイ捨てされないようにね!
  (タイ日大辞典より)


  花の話題から逸れて、いささか冗長な文章になってしまいました。


此の花木は非耐寒性なので、日本の自然には適さないと思いますが・・・とは言っても、

日本には設備の整った植物園が彼方此方にあるようですから、どこかにひっそりと咲いて

いるかも知れませんね。


  花の直径は諸要件にもよるのでしょうが、僕が見た限りだと 6cm〜10cmくらいです。

仄かな甘い香りを漂わせていると思いますので、見つけてみて下さい。




  残念ながら、果樹と果肉を見た経験は、只の一度も無いのですが、資料によると、その

昔は、果肉から油を取り出したり、果実 (上右図) から装身具、かぎ煙草入れ、赤ちゃん

用の玩具を拵えたこともあったようです。 


  そう言えば、昨年作成した僕の撮影メモには、英語の別名として、Snuf Box Tree

(嗅ぎタバコ入れの木) の名前を、どのような物かも知らないままに書いていました。

嗅ぎタバコとは、着火しないままでタバコの粉末を鼻孔の粘膜などから吸引しながら薫りを

楽しむタバコらしく、このような吸い方を 『 Snuf 』 (スナッフ)と発音するようです。 

  そして、タバコの粉末を入れて置く壺のことを 『 Snuf Box 』 と呼び、その材料として好

まれたのが、模様などの装飾加工が容易な 『 目玉焼きの木 』( Snuf Box Tree) の

果実の殻だったようです。 装飾の施された『Snuf Box』 の熱心なコレクターもいるとか。 


  その昔、映画で嗅ぎタバコのシーンを見たことがありますが、日本に在住していた時、

実際に嗜んでいる日本人を見たことがありません。



 科名  SALICACEAE (ヤナギ科)、
 又は、CARICACEAE いいぎり科
 属名  ONCOBA (オンコバ)
 学名  ONCOBA SPINOSA FORSK
 目  PARIETALES (つばき目)
 英名  FRIED EGG PLANT (卵焼きの木)
 別名  Snuff  Box Tree (嗅ぎタバコ入れの木)
 タイ名  カイ・ダーオ (星の形をした卵焼き)
 和名  −
 原産地  熱帯アフリカ(西部、東部、南部)





 読者の方から頂戴したコメント


 hiro-1からのお返しコメント


■美味しそう
カイダオといえばガパオですね〜これしか思い浮かびません(笑)
kii 2012-04-05 10:30:50

■kiiさん
kiiさんは、いつも 『 ガパオ+ カイ・ダ−オ 』 でしたね。僕は少数派の頑固者ですが、ガパオだけで食べています。
hiro-1 2012-04-05 15:34:22


■そうなんですか
カイ 卵・ダーオ 星の形・・そうなんですか いつも タイのホテルの朝食でコックさんに
「 カイ・ダーオ・・ヌン」って・・・これって あってました??

この花見て・何だか くちなしの花を思い出してしまいました。きっと あま〜〜い香りがしそうな!
サザエ 2012-04-05 14:22:33


■サザエさん
ダーオは星を意味しますが、ダーオ・ティアム=にせの星=人工衛星、 ダーオ・ナーン・サーオ=乙女星、ダーオ・プラジャム・ジャイ=心の星=最愛の人・・・のような使い方もあります。
『 カイ・ダーオ・ヌン 』 でも通じますが、一皿とか一人分に当たる言葉で表現すると、『 御主出来るな! 』 となるかもですよ。

hiro-1
2012-04-05 15:48:36


■目玉焼き
本当に目玉焼きみたい・・・。
花の名前がわかっていて、どんな花かを調べるのは今の時代、簡単ですよね。 でも逆は難しいですよね。 hiro-1さんを尊敬してしまいます。
ワイワイ 2012-04-05 17:42:52


■ワイワイさん
日本には優れた植物博物館や植物図鑑のある図書館がありますね。日本で生活するようになれば、きっと毎日のように出かけて楽しむようになると思います。
hiro-1 2012-04-06 23:17:04


inserted by FC2 system