HP開設の御挨拶

自己紹介

主題名別の目次 (年月日順)

花木名別の目次

トップページ


asd


HP編集略号matukasabarleria1.htm

和名:マツカサ バーレリア 

英語名:Hop-headed barleria タイ名:サレート パンポーン
改編:2017年5月29日  初稿:2012年5月6日 撮影:ナコンパトム県


  4月初旬頃、バンコク西隣県のナコンパトムの公園を散策している時、広々とした芝地

の一隅に、まるで雑草のように見えるか細い植物が微かな風にそよいでいるのに気付きま

した。


うっかりすると雑草だと思って見過ごしてしまいそうです。


  何となく気になって覗き込むと、その昔、仕事で訪れたマレーシアで見たことのあるよう

な植物が、直径3cm程度の黄色い小花を咲かせています。 マレーシア人に花名を教わ

った筈なのですが、何しろ10年以上も昔のことなので、残念ながら思い出せません。


教わった筈の花名も、今は既に忘却の彼方です。


  自宅に戻ってネットの花写真アルバムを調べると、hop-headed barleria とありました。

ビールの原料となる大麦を意味しているのだろうと思いますが、今まで聞いたことも無い

ような英名です。 


@ 黄花が咲く直前の苞葉の姿形は、松ぼっくりに似ています。 


  タイ語名を調べると、『 サレート・パンポーン 』でした。 直訳すると、 “ シャム・マングー

スの痰 ” となります。 最初は、その意味するところが理解出来なかったのですが、下掲の

写真をよくよく眺めると、マングースとおぼしき蛇が、口先から黄色い舌を突き出している

ように見えなくもありません。 タイ人には、この先端の花蕾がマングースが吐き出した『痰』に

見えたようですね。 


A 『 松ぼっくり 』 に似た花穂の苞葉の先に黄色い蕾が顔を覗かせます。


  タイ語名 『 サレート・パンポーン 』の植物学上の分類名は次の通りでした。

       科名:キツネノゴマ科     属名:バーレリア(Barleria)


キツネノゴマ科は、よく耳にする科名ですが、属名のバーレリア(Barleria)は、初めて

聞く属名です。


B 直径3cm程度の黄花が次々と開花


  原産地は、インド洋のマスカレン諸島に位置するアフリカ諸国の一つモーリシャス共和国

でした。 高さ1m程度の非耐寒性の常緑低木なので、日本のように厳しい冬季のある地域

には不向きだろうと思ったのですが、案の定、日本語ネットで見掛けた花の写真は、いずれ

も温室を備えた京都府立植物園で撮影されていました。


C 五弁の黄花は直径3cmの漏斗型


  温室でしか育たない花なので、和名は存在しないだろうと思ったのですが、意外にも

『 マツカサ・バーレリア 』 の名前を発見! バーレリア は、属名の Barleria の流用ですが

『 マツカサ 』 と言えば、此れは 『 松笠 』のことですよね。   タイ人にはマングースの胴体

に見えた苞葉ですが、日本人の目には『松笠』に見えたようですね。


 D 花穂の間から咲いた変形五弁の黄花


  枝先に付いた松笠に似た花穂が成長して捲れると、その間から黄色い小花が次々と顔

を出して咲き始めます。 花の咲く時期になると、マツカサ・バーレリア の細長い葉の葉脈

がうっすらと紫色に変わります。



D 花が落ちて寂しく枯れてしまった花穂


  花が咲き終わると、一つの花から採れる2〜4粒の種子で、次の花を咲かせることが

出来るようですが、挿し木でも比較的容易に増殖が可能だとか。


  対生の細長い葉の葉柄に近い茎の部分に、1対の鋭い棘があるらしいのですが、迂闊

にも撮り忘れてしまいました。 タイでは此の植物に生えている鋭い棘を利用して、泥棒避け

の垣根の植え込みとして使用する家庭もあるようです。 垣根以外の用途としては、此の花

木の葉や根っこを利用して、蛇、百足、蜂に咬まれた時の毒消し、皮膚の炎症止め、歯の

痛み止め等に利用されることもあったとか。


  うろ覚えですが、隣国のマレーシアでは、危険や災害を防いでくれる神聖な花木として大

事に扱われてれていたように思います。 ところが、何かにつけて花木や樹木を神聖視する

傾向が強いタイですが、此の花に関しては、如何したことか、それらしき話を耳にしたことが

ありません。 吉兆を何よりも優先するタイ人ですが、此の花の位置づけは低いのかも知れ

ませんね。


 マツカサ バーレリアの植物学上の分類名

 学名  Barleria lupulina Lindl.
 科名  キツネノゴマ科
 属名  バルレリア属
 種名  −
 タイ名  サレート・パンポーン
 英名  hop-headed barleria; hophead Philippine violet
 日本名  マツカサ・バーレリア
 漢名  −
 原産地  インド洋のモーリシャス(マスカレン諸島の共和国)
 花言葉  −




inserted by FC2 system