HP開設の御挨拶

自己紹介

主題名別の目次 (年月日順)

花木名別の目次

トップページ


日本の留守宅で生き永らえていた皐月躑躅



HP編集略号rusutaku2.html

和名:サツキ・ツツジ

英語名: タイ語名:
改編:2016年5月28日  初稿:2009年06月16日 撮影:東京都下の我が家


先日来から、東京都下の留守宅の庭で生き永らえていた薔薇や野花と化した花々を取りあげて

まいりましたが、本日は、それらの花々と一緒に、老いた感は否めませんが、一生懸命に頭を擡

げていたサツキ・ツツジ(皐月躑躅)をご紹介します。


タイに魅せられてロングステイ
同木の異なる枝に咲いていた白花と桃色花の “ 皐月躑躅 ”


桃色昼咲き月見草の傍らに、“ 皐月躑躅 ”(さつき・つつじ) が生き残っていました。 最盛期を過

ぎた普通の躑躅は、五月雨に打たれ所為でしょうか、すっかり萎んでいましたが、皐月躑躅は、

傷つきながらも健気に老いた花びらを開いています。皐月躑躅は、普通の躑躅が咲き終わった

頃から開花することを、今回の帰国で初めて知りました。


同木に咲く皐月躑躅でも、枝によって色や形の異なる花があるのですね。ひょっとして、これが聞

いたことのある“枝変わり”の現象なのでしょうか?


今回の日本帰国は、自宅の留守居役を務める健気な花々との初顔合わせになりました。バンコ

クに戻ってから、留守宅で撮影した花々の写真を家内に見せると、最初は悲しそうな表情を浮か

べていましたが、暫くすると、久しぶりに見る孫の写真を見入るかのように、PC画面を覗き込ん

でいました。 



この主題に関連するホームページ内の別の記事

(主題名をクリックすると該当頁に移動します)

 主題  和名  改稿年月日  初稿年月日  HP編集略号
 留守宅の花々・薔薇   バラ  2016-6-29   2009-6-15  rose1.htm
 留守宅の花々・花月夜  カゲツヤ  2016-3-25  2009-6-16  kagetsuya.htm
 留守宅の花々・皐月躑躅  当該頁  サツキツツジ  2016-5-28  2009-6-16   rusutaku2.html
 留守宅の花々・春先松葉菊  ハルサキマツバキク  2016-5-26  2009-6-17  matubakiku.htm
 留守宅の花々・沖縄月見草  オキナワツキミソウ  2016-3-26  2009-6-16    okinawatsukimisou.htm
 留守宅の花々・都忘れ  ミヤコワスレ  2016-3-24  2009-6-16   miyakowasure1.htm





読者の方から頂戴したコメント
 

hiro-1からのお返しコメント


■癒されます   
hiro-1さんのお花の写真みてたら折れそうな心にしみます。
mii 2009-06-16 14:21:40

■miiさん
花知識の薄い僕ですが、久し振りの帰国で、日本で咲いている花を見ていると、いつに無く花恋しくなるから不思議です。   
hiro-1 2009-06-17 01:10:01


■健気ですね・・      
留守宅を しっかり守ってくれているような そんな健気な花達が愛おしく思えます庭の主に ご対面できて花達も嬉しかったでしょうo(^-^)o
kaito 2009-06-16 17:54:17


■kaitoさん
我が家の庭には、ありふれた花しか生き残っていませんが、それでも健気に咲く光景を眺めていると嬉しくなるものですね。アガパンサスの蕾!初めて見ましたが、いつか本物を見てみたいと思います。  
hiro-1 2009-06-17 01:16:53


 ■無題 
 花が元気に咲いているお家は、手入れがしっかりしていると
 思うから、泥棒も入ってこないでしょうね。
 しかし、それだけ放置して元気に咲いてくれるということは、
 庭の土が相当しっかり手入れされてきた・・・
 ということなんでしょうね〜。^^
 シャンティcoco 2009-06-17 17:20:45


 ■シャンティcocoさん
 実は、泥棒対策として、夕方の暗さを感知すると点灯し、
 朝方になると消灯する庭園燈を設置しています。
 留守宅の敷地は、武蔵野緑地の跡地なので、
 栄養タップリの黒土が豊富な上に、花好きの家内が
 精魂込めて土壌の手入れをしたからなのだと思います。   
 hiro-1 2009-06-17 18:02:06


 ■タフ魂
 こういう花を見るとすぐ人間とは…なんて結び付けてしまう
 メンドクサイ私です(笑) やれ過保護だ、やれ愛情不足だ、
 環境のせいだ…と言って「何か」のせいにしがちな人間社会。
 結局はその人自身の生命体としての力の差、なのではないかと
 思っちゃいます。

 タフな魂は全ての人の奥底にあるはずだー。
 良く言えば思慮深い、悪く言えばメンドクサイ(笑) 
 私にもタフ魂あると信じたいです。
 ハク 2009-06-17 18:38:30


 ■ハクさん
 植物や動物もそうであるように、人間だって、己の身の丈を
 わきまえさえすれば、心穏やかな日々を過ごせるかもですね。   
  hiro-1 2009-06-17 23:14:07

inserted by FC2 system