HP開設の御挨拶

主題名別の目次 (年月日順)

花木名別の目次

トップページ


異国情緒の香りがするチャボイランイランの花



編集略号ylangylang1.html

和名: チャボ・イラン・イラン

英語名:Dwarf Ylang -Ylang タイ語名:Kradangaa Songkhlaa
改編:2011年4月11日    初稿:2008年7月29日  撮影:タイ・サムット・ソンクラーム


久し振りに、バンコク西方のサムット・ソンクラーム県にあるラーマ二世記念公園に出向

きました。この公園は、タイの現王朝の二代目の王様の誕生地であり、王様の生母の出

身地でもあります。鰻の寝床のように細長い敷地の公園内には、古のタイ詩人が作品の

中で詠み込んだ花木が其処彼処に植栽してあることでも広く知られています。



ラーマ二世記念公園内に復元されたラーマ二世王の別荘


今回は、今まで一度も足を踏み入れたことのない遊歩道を散策。独特な形をした黄花を

咲かせた4m前後の低小木と2m程度の若木が5本ばかり植栽されています。通りかか


ったタイ人に、黄色い花の名前を訊ねてみたのですが、何方も困惑顔をされるばかりでし

た。


 
高さ4m前後の常緑低小木 2m前後の若木もありました。


後日、僕の住むコンドーの庭師と雑談をしていた時、その花の事を話題にしたところ、そ

の花の写真を見せてくれと言われ、自分の部屋にとって返して写真を見て貰うと・・・

  『 この花の名前は、グラダンガー・ソンクラーだと思うね 』

庭師さんの話によると、此の低木のグラダンガー・ソンクラーは、10m〜15mの高木の

グラダンガー・タイを低木に変種させたもので、ソンクラーの名前の由来は、矮性変種に

成功したタイ南部の地名だとのこと。



タイ語の花名 : グラダンガー・ソンクラー 


庭師さんから教わったグラダンガー・ソンクラーのタイ語の綴りを頼りにして故冨田竹二

郎氏のタイ日辞書を捲ると、バンレイシ科(バンレイシ科(Annoonaceae))の 『チャボ・

イラン・イラン』と判明。バンレイシ科で検索すると、英語名は『 Dwarf Ylang Ylang 』と

記してあります。英語名の Dwarf Ylang Ylang の意味を、いつもの勝手意訳で表すなら

ば、“ なりは小さいが、とても良い香りがする花の中の花 ” ということになるのでしょうか。

    (注) Dwarf = 小人、小型の、小さい



下向きに縮れたようになって垂れ下がるグラダンガー・ソンクラー


チャボ・イラン・イラン の “チャボ” は、小型の鶏ですが、チャボに“小さい”の意味がある

のかどうか分かりませんとブログに書いたところ、読者のカオヤイさんから、次の様なあり

がたいコメントを頂戴しました。

 『
矮鶏は、小型のニワトリを意味し、矮(わい)とは背の低い様をあらわします』 

“チャボ” の漢語表記が “矮鶏” だと聞いて、目から鱗が落ちるような思いです。

 『
ニワトリを矮小化した鶏だから矮鶏(チャボ) 』、『高木を低木にしたからDwarf

日本名も英語名も、とても分かり易い由来だと思います。



咲き始めの頃の花弁の色は薄黄緑色


イラン・イランの花色は、最初は薄緑色ですが、黄色に変化すると満開だそうです。この

花の香りが最高に匂うのは、意外にも黄色い花弁が散る間際の頃なだとか。とは言えど

も、満開の黄色い花弁の下でも結構強い甘い匂いが漂っていましたが、花の散り際にな

れば、もっとインパクトの強い匂いが辺りに立ち込めるのでしょうね。


 学    名   Cananga odorta (Lam)Hook.f.Thomson var. fruticosaa(Carib)J.Sinclair  
 科   名   バンレイシ科 Annonaceae 
 属   名   カナンガ属  Cananga
 種    名    Cananga odorta var. fruticosa
 和   名   チャボ・イラン・イラン  ( 矮鶏イラン・イラン )
 英   名    Dwarif Ylang-ylang Tree 
 フィリピン名    Alamg-Alang
 マレー語名     Cananga
 タイ語名    Kradanggaa Songkhlaa (フラダンガー・タイの矮性変種) 
 性   状   常緑の低木(2〜3m) 、葉は長楕円形
 分   布   タイ (熱A帯地域:セーシェル諸島、モーリシャス、タヒチ、フィリピン等)
 花 言 葉   乙女の香り、誘惑
 用   途   香水の原料






読者の方から頂戴したコメント

hiro-1からのお返し


■チャボ   こんばんは、カオヤイです。
言語由来辞典によりますと、チャボの漢字「矮鶏」は、小型のニワトリ、「矮(わい)」は、背の低い様をあらわすってありました。
カオヤイ 2008-07-29 22:26:40  


■カオヤイさん
ワイ・トリと書いてチャボと読ませるとは凄いですね。 英語名の Dwarf からワイ(矮)としたのか? ワイ(矮)から Dwarf が生まれたのか? 多分、後者なのでしょうね。 日本語の言語由来辞典が欲しくなりました。
hiro-1 2008-07-30 01:17:57 


■こんばんわ。
珍しいお花ですね。よく、アロマオイルや香水などで、「イランイラン」ってあるんですけど、それとは又違うものなのでしょうか?種類の多いお花屋さんにも時々お花を見に行ったりしてますが、このお花はまだ見た事がないです。このお花をUPしていただいてありがとうございます。
nutshell 2008-07-30 01:16:22


■nutshell さん
「イランイラン」の名前からすると、この花と同じカナンガ属の花を原料とするアロマ・オイルと香水だろうと思います。
hiro-1 2008-07-30 01:38:54 


■帰ってきました
今日タイから帰ってきました。たった5日の滞在でしたが、あいかわらずタイは面白い。たしかに滞在中は意表を突かれる「涼しさ」でした。本当に日本のほうが暑かったです。でもバンコクは気候だけでない「熱さ」があると思います。パワフルで熱気を孕んだ熱さが冷めないことを願います。勝手かもしれませんが。
kii 2008-07-29 22:48:52


■kii さん
友達と一緒のタイ旅行、お楽しみになられたようで何よりです。サイアムの広東タイスキの味は僕も大好きでしたが、残念なことになりました。そして、パッポンも残念でしたね。ブッシュへのお愛想なのでしょうが、この程度の対応でお茶が濁せるのですから、政治の世界も好い加減なものです。
hiro-1 2008-07-30 01:27:27


■へーーーーっ!
日本のタイ式マッサージ屋さんの、アロマオイルマッサージを受けたことがあるのですが、オイルの種類にイラン・イランってのがあって、香りが気に入って時々選んでいましたが、そんな意味があったんですねー! 勉強になりました!
もんきぃ・さとう 2008-07-30 01:31:42


■もんきぃ・さとう さん
nutshell さんのコメントにもありましたが、日本のその世界では、やはり、カナンガ属のイランイランが使われているのですね。こちらこそ、勉強になりました。
hiro-1 2008-07-30 01:43:42

 


■素敵ですね。  
 おはようございます。(*^.^*)シャネルの5番は、母が83歳で倒れるまでつけていました。あの素敵な香りが、この可愛いお花なんですね。今でも仏壇に香水を供えています。良い物を見せていただきました。ありがとうございます。o(^-^)o
よぷ 2008-07-30 10:31:49 


■よぷ さん
とても心に滲みる話ですね。僕も亡き母(享年93歳)を思い出してしまいました。こちらこそ、ありがとう御座います。
hiro-1 2008-07-30 15:33:32

 


■独特な・・・
シャネルNo.5の香りは、こんなに繊細そうな花から作られているんですね\(゜□゜)/。シャネルの香水が置いてあるブースがあったら、次はこの花を思い浮かべながら嗅いでみます(笑)。
レマ 2008-07-30 16:42:38 


■レマ さん
「イランイラン」のBLOGを書いた僕ですが、実は、シャネルNO.5の香りを知らないのです。香水でレマさんの夏バテが少しでも治れば良いのですが。
hiro-1 2008-07-31 00:20:12


■初コメです♪
いつもほんとに楽しみにうかがわせて頂いています☆。この記事!。アロマセラピストの私には感動ものですっ。私のサイトで、hiro-1さんのサイトをご紹介したいくらいです(*^▽^*)。
薫子♪ 2008-07-30 21:26:39
 


■薫子♪さん
初コメありがとう御座います。広隆寺の「弥勒菩薩様」、学生時代に途中下車をしてお参りしましたが、もう一度お会いしたくなりました。
hiro-1 2008-07-31 00:34:38


■ご紹介致しました☆
先日、初コメして・・やっぱりイランイランの素敵な黄色いお花の写真と、植物についての記事が印象的で素晴らしく、今日のアップで、hiro-1さんのサイトを紹介させていただきました☆。

アロマを学ぶにはこういった、その土地に生きる植物そのものの話はとても勉強になります。あんまり素敵で私のサイトに訪れてくださるアロマ関係の方に、
知っていただきたくて。

私はhiro-1さんのサイトに訪問させて頂くようになって、ほんとにタイに行ってみたいと心から思うようになりました☆。記事楽しみにしています。
薫子♪ 2008-08-01 22:36:38 


■薫子♪さん
さっき、薫子さんのBLOGを見たばかりです。たまたま公園内で見かけた花を記事にしただけなのですが・・・こちらが恐縮しています。
hiro-1 2008-08-02 01:09:23

inserted by FC2 system