HP開設の御挨拶

自己紹介

主題名別の目次 (年月日順)

花木名別の目次

トップページ


日が陰ると垂直、陽光が挿すと水平になる観葉植物   



HP編集略号senninhige1.htm

和名:サルオガセモドキ (猿尾枷擬)

英語名:Old Man's Beard タイ名:クラオ・ルースィー(仙人の顎髭)
改編:2016年8月10日 初稿:2009年12月15日 撮影:サムット・プラカーン県


もう四年前になりますが、バンコクの老舗の百貨店( 通称:センターン )を訪れた折に吹き抜けの

天井近くに、装飾植物として吊り下げられていた“ エアー・プランツ ” Air Plants を見かけました。


細い茎と葉はあるものの、根がない特異な形をした気生植物ですが、高い空間に吊るされている

ので、細かく観察することが出来ません。いつの日にか、自然の中で気生するエアー・プランツを

間近に見てみたいものだと思いながら、暫しの間、見とれたものでした。


百貨店の装飾に使われていたエアー・プランツ


エアー・プランツ(気生植物) とは、パイナップル科のティランジア属の総称名だと教わりました。

気生植物とは、根が退化してしまい、細い茎と長細い葉だけになった植物が、風に流されて木の

枝などに引っかかって垂れ下がり、生きていくために必要な水分と養分を、空中から吸収して生

きる植物です。


根がないので、土も苔も必要としません。たとえ強風に千切られて遠くへ吹き飛ばされても、電柱、

鉄塔、看板、門柱などの上にうまく着生さえできれば、あとは空中にふんだんに含まれている水分

と養分だけで生きていきます。着生した樹木の養分を横取りして生きる “ 寄生植物 ” とはこの点

が大いに違います。


着生して空中の水分と養分を吸収して生きる気生植物の仙人顎髭


あれから四年が経過した今年、バンコク隣県のサムット・プラカーン県の古代都市公園内で大樹

の枝から垂れ下がる “ エアー・プランツ ” を見つけました。( 上写真)

薄緑色に銀白色混じりの葉と茎が絡み合い、まるで縮れ毛の女性鬘(かつら)を背後から眺める

ような形をしています。


樹木の養分に頼ることなく、空気中の水分と養分を吸収して繁殖する秘密は、銀白色混じりの薄

緑色の葉っぱの吸収鱗毛にあるのだそうですが、肉眼では確と判別することが出来ません。 

しかし、念願叶って、退化して根が無くなり、茎と葉だけで繁殖を続けるエアー・プランツの生き様

を見ることが出来たのですから嬉しいですね。


観光客のタイ人にタイ語名の綴りを訊ねると、僕の手帳に書いてあげると言います。手帳には、英

語名も併記してありました。親切に感謝です。



          タイ語名: クラオ・ルースィー  ( 仙人のアゴヒゲ )
         
          英 語 名 : Old Man's Beard ( 老人のアゴヒゲ )


     左: 英語名は “老人のアゴヒゲ” 。  タイ語名は“仙人のひげ”   
     右: タイ語名の由来となったバラモン系の高徳な修行者 ( ルースィー)


この植物の姿形を見て、僕は “ 縮れ毛の女性かつら ” をイメージしましたが、“ 綿毛 ”、“ 苔 ”、“

昆布 ”、“ 老人の顎ヒゲ ” をイメージする人も多いようです。


英語名とタイ語名は、期せずして “ 長いヒゲ ” をイメージしているのですが、日本人は、どのよう

な名付けをしたのか興味があって調べてみました。


日本名は “ サルオガセ・モドキ ” (猿尾枷擬)という難しい名前でした。“サルオガセ” (猿尾枷 )

とは、針葉樹に着生して、とろろ昆布のように懸垂する淡緑色の下がり苔の一種だそうです。

“ サルオガセ ”は、“ 気生植物 ” ではなく、“ 地衣植物 ” であることから、古の日本人は、“ サル

オガセ + モドキ ” と名付けたのでしょうね。


英語とタイ語は “ 長いひげ ”をイメージし、日本語は “ とろろ昆布に似た下がり苔 ” を思い浮か

べ、スペイン語系は “ 下がり苔 ”、 僕は “ 縮れ毛の女性用かつら ” を想像。


読者の方は、どのようなものを脳裏に浮かべられたのでしょうか?


《仙人の顎髭の植物名分類 》
 科名  パイナップル科 Bromeliaceae
 亜科  -
 属名  チランジア属:  Tillandsia
 学名  チランジア ウスネオイデス Tillandsia usneoides
 種名  -
 タイ名  クラオ・ルースィー  (仙人のアゴヒゲ)
 和名  サルオガセモドキ (猿尾枷擬、猿麻?擬)
 別名  -
 中国名  -
 英名  Old Man's Beard ( 老人のアゴヒゲ )
 Spanish Moss ( スペイン苔  )
 原産地  米国東南部、アルゼンチン、チリ
 性状  -
 花色  -
 花言葉  -





読者の方から頂戴したコメント


hiro-1からのお返しコメント


■うーん!
不思議な植物があるもんですね。アルファルファの根っこみたいです。何だかゲ・ゲ・ゲの鬼太郎にでてきそうで・その後姿 前も見てみたいと・・
マイペンライ 2009-12-15 20:31:35



■マイペンライさん
ゲ・ゲ・ゲの鬼太郎ですか!それは思いつきませんでした。四方の角度から撮りたかったのですが、残念ながら、これ以上は近づけませんでした。
hiro-1 2009-12-15 23:23:10 

 
inserted by FC2 system